So-net無料ブログ作成
検索選択

地上波4K放送の開始日はいつ? [説明などなど]

4Kテレビの購入を考えてる方や今4Kテレビを持ってる方には残念な話ですが、

地上波で4K放送が開始される予定はない

というのが結論です。



総務省より発表されている4K・8Kのロードマップによると、地上波に関しては2020年まで何の変更もありません。

つまり地上波に関しては画質が上がることはなく、しばらくは現状維持ということになります。

4Kロードマップ

じゃあ2020年以降は期待がもてるのか?

断言は出来ませんが、それもけっこう厳しいかもしれません。


地上波が4Kに対応するためにはまず放送局側が大幅に設備を更新しないといけません。

そして実は私達も設備を更新しないといけないのです。

アナログ放送から地デジに変わった際にテレビを買い換えたりチューナーを別途購入した経験があると思いますが、

今の地上波を4Kにするにはそれくらいの労力・金銭的負担を強いられる事になります。


じゃあ4Kテレビって何なの?騙されてるんじゃないの?
って思うかもしれませんが必ずしもそうとは言い切れません。

地上波はムリでも衛星のCS/BS放送やケーブルテレビ・光テレビは順次対応が進んでいて2020年までには普及を目指すとロードマップにも書かれていますから。


地上波はムリでもそれ以外で4Kコンテンツは増えていきますし、

それに今の4Kテレビの中にはフルハイビジョン以下の画質を4K画質のように変換してキレイに表示させる技術も搭載されてますので決して損してるわけではありません。


とはいえやはり現状、コストパフォーマンスが良いのはフルハイビジョンのテレビですね。

とても個人的な意見になりますけど
「50インチのフルハイビジョンがコスパ共に最強」と思ってます。

50インチを超えるサイズになるとさすがに4Kがいいかなと思いますがちょうど50インチでフルハイビジョンなら画質と価格のバランスが最も取れてるのでは、なんて思ったり。



4Kテレビを持ってるけどコンテンツが無いんじゃ意味ないんじゃないかと思うかもしれませんが、ネット配信サービスなどで4K配信が増えています。

現在最も4K対応番組が多いのはNETFLIXでしょう。4K対応コースだと月額利用料金が高いのですが最初の1ヶ月は無料なので対応テレビを持っている人は試してみて損はないでしょう。

4K対応コンテンツは少ないですが月額利用料金が安いのはdTVです。docomo利用者以外でも見れますし、こちらも初月無料。こちらも試してみる価値はあるでしょう。

→dTVの詳細


amazonプライムビデオもなかなか捨てがたいです。再生機器を選びますが(←ここは注意!)4K画質再生に対応している動画もありますし、動画以外にも様々な恩恵があります。日頃からamazonを利用してる人は本当に損はないですよ!amazonプライムも30日間は無料なので試す価値はアリ。動画の見すぎで他の作業が捗らなくなるのには注意です!笑

→amazonプライムの詳細はこちら


トラックバック(0) 

トラックバック 0